スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ささ
 
[スポンサー広告
ピンヒール概論
私はヒールの高い靴が大好き!
高さは、7cmは欲しいなぁ。
靴の形は攻撃的といわれようが
先の尖がったやつがいい。
ラウンドトゥはキャラじゃないしなぁ。
ヒールはもちろん「ピンヒール」が好き。
いや、大好き
但し、ピンヒールを履くにあたっては
約束事があるのね。それは…

1、疲れても引きずって歩くな!
2、痛くても、笑顔で歩け!
3、背筋は伸ばす!
4、「足、痛い」は禁句!
5、かかとが減ってきたら、早い目にかかと打ってもらう!

必ず守っていただきたい。
よくいるのよね。
めちゃくちゃかっこいいピンヒールはいて
引きずってダラダラ歩いてるコ。
歩きにくいのか、お尻突き出しちゃって
姿勢がおかしな事になっているコ。
今すぐ脱いで歩けよ!と言いたくなる。
ヒールが斜めに減っちゃってて
そのまま斜めになりながら
頑張って歩いているコもよく見るけど
あれは危ない!!
こけますし、足首ねじります。
早めにかかとの修理に出しましょう。
根性とプライドがないなら、ピンヒール履くな!!
と、ピンヒール愛好家の私は思うのです。
よく「痛くないの?」
って聞かれるけど
「痛いよ。もちろん。」
だって、あんな細いヒールで
しかも靴の先、あんなに尖がってるねんで??
痛くないわけないじゃない。
でも、私は履きたいから頑張ってるのさ。

はじめてヒールを履いた日を今でもよく覚えててね。
小さい頃から、母のヒールを見て
幼い心をときめかせていたのですよ。
私にとって、ヒールの靴はいい女の象徴で
大人の匂いがするものだったりするのね。
口紅みたいなもん??
だから、無理をしてもプライドをもって履きたい。
ヒールを履く事によって、そんな変な歩き方するんなら
ペッタンコでもかわいいのたくさんあるから
それをはけばいい。
引きずってダラダラ歩くのは
ピンヒールに失礼だと思うのさ!

『キューティーブロンド』っていう映画を観てて
主人公が、彼に
「意地張ってないで、車に乗りなよ。
 …ヒールのかかと減るよ?」
って言われるシーンがあって
(あぁ、高いヒールを履く人は車に乗るんだな)
と気がついた。
そっか、そうよね。
あんなん、歩くための靴じゃないもんね。
車に乗せてくれる人がいる女が、履く靴なのね…。

でもね、結構歩けるんですよね。コレが。
梅田から難波の駅まで
スニーカーのコと並んで普通に歩くもん。
かかとは減るけど…結構平気。
根性です。女の意地です。
だから辛い表情は見せません!!
でもね、ちゃんとTPOはわきまえてるつもりです。
古墳見に行ったり、たくさん歩くときは
スニーカー履いていってるもの。
愛知万博で、高いヒールのミュールはいてるコがいて
びっくりした。足もげるって…アンタ。
連れの男もさぞ辛かろう…。
「足、いた~い」って連呼されてたハズ。

ピンヒールは今と戦う、私の戦闘靴なのです。

スポンサーサイト
Posted by ささ
comment:3   trackback:0
[食べ物
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。