スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ささ
 
[スポンサー広告
奈良へ行こう②
昨日述べましたように
「紺瑠璃杯」
(「青瑠璃杯」と記憶してたのに、調べたら違うかった…)
ぜんぜん見ないんですよ。
高校生だかのくらいに一度展示されてるのを見たっきり。
出し惜しみ??
一緒に見に行ったツレは、それが見たくて
毎年正倉院展に付き合ってくれてるんだけど
ここ8年ほど玉砕…
館内でひたすら人間の頭の隙間からのぞき
私のマニアックな説明を延々と聞かされる被害を受けている。
見たいと思ったら、見たい。
卑屈な妄想娘の私は、
館長が愛人の学芸員にせがまれて、見せてるときに割ってしまった説
…という、しょうもない結論をうち出してしまった。
(館長ほか、関係者の皆さんには大変申し訳ないんですが…)
きっと今、急ピッチでレプリカをいい感じに仕上げてるんだよ。
もう少ししたらきっとお目見えのはず。
待てる気持ちの余裕が沸いてきた。
館長がんばって!!

でね、このコップすごくキレイなんですよ。
太陽の光に反射させたり
光を透かせてみたりしたら
きっとすごくキラキラして
素敵な気持ちになったんだろうと思うのね。
こんな青い光に浸された中のお酒は
どんな味がしたんでしょう?
なにを思いながら、このコップを握り締めていたんでしょうね。
贅沢だわ~。ロマンだわ~。
ほかにも「白瑠璃」の食器もあってね、すごくキレイ。
これに食べ物をのせてたんだな、って想像するだけで
私の気持ちはあっとう間に
飛鳥時代だの天平時代だのに飛んで行ってしまいます。

私が歴史を好きになったのは、いろんな原因があるんですけど
興味を自分自身もつきっかけになったのは
「真珠の小箱」っていう番組。
大好きだったんだけどなぁ。
日曜の朝にひっそりやってる感も
たまらなくよかったんだが…あっけなく終了。
私の好きな番組は、いつもなんかパッとしないんですよね…。
スポンサーサイト
Posted by ささ
comment:2   trackback:0
[日記
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。