スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ささ
 
[スポンサー広告
男たちの大和
観てまいりました。
といっても先月なんですが。
なんかね、最近はずっと大和を引きずってて
なぁんとなく書けなかったんですよね。

戦艦が好きなので
というしょうもない理由からだったんですが
すっごい良かった。
『決して人前では泣かない、可愛げのない女』
の異名を欲しいままにしていたワタクシですが
横の席の見知らぬおじさんと一緒に号泣しました。
どうせ地元の映画館やし…ということで
面倒くさかったので
眼鏡&スッピンでいったのですが、これが正解。
たぶんコンタクトは流れてしまってたと思うし
化粧はハゲハゲ・ドロドロでどうしょうもなくなってたと思うし。

中村獅童も反町隆もよかった。
今まであんまり好きじゃなかったけど
よかった。
かっこよかった。
見てくれじゃなくって、すごく真摯に演技をしていて
すごくよかった。
脇を固める俳優が、本当にすっごく素敵。
どうして昔の日本人ってあんなに、凛としてるんでしょう?
教育とかが違うんだろうけど
精神的な強さは、今の比じゃないと思うわ~。
あの、B29全盛期に
あんな巨大な戦艦を出すなんて…
わかっていても、国や大切な人を守るために
乗り込んでいく男たちの姿に
もう、ただひたすら涙。
男の人ってかっこいいですね。
甲板は血の海とか目を覆いたくなるシーンもあったけど
ただグロイだけじゃなくって、悲しくって目が離せないの。
「もうやめてよ~」
と思わず言ってしまったら
横の席のおじさんも
「ほんまや!!もうええやろが!!」
と賛同してくれ、目に見えない日本人の絆を感じたアポロシネマ8。

戦争と日本人の持つ
悲しさも、惨めさも、誇りも、むごさも、優しさも、強さも、弱さも
全て織り込まれていて
私は本当に良かったと思うの。
映画終わって、長淵剛の曲を聴きながら
またおじさんと二人で号泣。
電気がついてあたりを見回すと、
70歳や80歳くらいのおじいさんが
わりとたくさんいらっしゃって
自分の体験と重ねて観ておられたのでしょうか。
なかなか席をたとうとされず、目頭を押さえておられました。
本当にもう戦争なんていらないね。
でも、平和ボケしてしまわないように
過去を風化させてしまわないように
事実は語り継いでいかなくては、いけませんね。
私のような、平和な時代にのほほんと育った小娘が
偉そうな事を言う資格なんてないのですが
私はね
あの当時のことを
今の価値観だけで非難したりしてはいけないと思います。
事実は事実として受け止める勇気は必要だとは思っていますが。

で、ここは天王寺。
立ち呑み屋が並び、昼間から呑める街。
映画館を出て真っ先に聞こえてきたのは
「おらぁ~殺せー!殺せー!!」
と叫ぶ、昼間からぐっでんぐでんになった酔っ払いの声。
あ~ぁ…道路のド真中で大の字になってるし…
未来の日本のために戦った人たちを観たところだったので
一気に私の心は冬模様に…日本人って切ない
スポンサーサイト
Posted by ささ
comment:2   trackback:0
[考古学
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。