スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ささ
 
[スポンサー広告
SASA
実は漫画はあぁぁんまり読まないのよね。
読みたいのがあったら、漫画喫茶に読みに行くか
友達に借りるか。
幸い読むのめちゃ早いほうなので、すぐに読めちゃうし
恋愛モノの話が好きじゃないからかなぁ?
ほとんど買わない。
『NANA』も漫画喫茶で読んだけど
私の心にはイマイチ響いてこなかったのです。
女の子!って感じな内容で(少女漫画だもんね)
ハマる子の気持ちは分かるような気はするんだけどさ。
(ただのだらしない女の子やん…)
…だれか頑なな私の心を開かせるよう
NANAの魅力を教えてください。
それに、これ以上本棚パンパンにする訳にはいかないのね。
ただでさえ床に平積みになってるのに。
食器と本できっと床抜けるし
そんな私でも『名探偵コナン』は全巻所有なのさ。
コナン君はシャーロッキアンの私にはタマラン漫画。
藤子不二雄の短編漫画集とかエスパー魔美、
21エモンなんかも持ってたりする。
ハマったやつはちゃっかり買うんだけどね。
そうそう、21エモンに出てくるモンガーって
『タンバ星雲ササヤマ星人』なんだよ!!
知ってた!??
私の子孫が、将来星を買うんだぁ。スゲー。
でも、推察するに漢字は違いそうだけどね…。

こないだ友人に
「音楽やってたし、どう?面白いよ。」って
漫画の本を貸してもらったのね。
二ノ宮知子『のだめカンタービレ』(講談社コミックスキス)
音大に通う女の子の話でね。
これが久々に母子でハマった。
Iさんありがとう
また楽器がやりたくなった。本当に面白い。
読みながらゲラゲラ笑ってたもん。
(私もやったよ!その曲!!)とか
(そうそうそうそう!!)みたいなのとか
とにかく主人公のだめちゃんが可愛い。
私も作曲家を色で認識とか、やったなぁ~。
モーツアルトはピンク!
ドヴォルザークは私はブラック。
シベリウスはシルバーとかね。
私が偉そうに言うのもおこがましいんですけど。
人によって曲の捉え方とか全然違ったりするんですよね。
よく揉めたなぁ。
まぁ、指揮のツルの一声ですぐに収まるんですけどね。
一番もめたのが『春の猟犬』って曲。
それ、私には寂しさせつなさしか読めなくって。
音の使い方とかから考えても
題名から考えても
絶対に明るい曲だとみんなは言うんですが
私には、どうしても悲しい曲にしか聴こえなかったんですよね。
「絶対、春の寂しさを表現してるって~」
「そんな感じ方すんのアンタだけやって。」
「春=明るい。って考えが平凡すぎる!!」
「そんなひねくれた解釈求められてないから…」
と、私も粘りました。
オケ全員対私(当時コンマス)
負けましたけど…。
よく考えると私、春苦手なんです。
春は切ないんです。
私にとっては
「散るさくら 残るさくらも 散るさくら」
なんです。
なんか取り残されたような気持ちになるんです。
たぶん、怠け放題だった秋冬のツケが
春に他の子との差として出るのね。
それでしんどいの。空気ぬるいしね。

あの頃の演奏のCDを聴くと青い!!
恥ずかしいくらい自己主張してる。
「私、うまいでしょう??」みたいな。
恥ずかしい。
でも青春だなぁ。
そういう、切なかったりくすぐったいのが春ですよね~
スポンサーサイト
Posted by ささ
comment:0   trackback:0
[食べ物
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。