スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ささ
 
[スポンサー広告
奈良へ行こう③
しつこいようですが、奈良編③
奈良の何がいいって
やっぱり仏像&寺院でしょう??
京都の仏像は、洗練されていてキレイで優雅
それは素敵で好きなんですけど
お公家さんといっしょで表情が無い…というか。
その点、奈良の仏像はイキイキとしていて
表情豊か、今にも動き出しそうな躍動感!!
人間臭い感じなんです
それに、京都は平安京が出来た頃
お寺が勢力持ちすぎて、引き離すために遷都した経緯もあって
都の中にはお寺なかったんですね。
だから、わりと新しめの思想の神社仏閣なんですよね。
御所だって里内裏だし…。
京都は京都で大好きなんですけども。
躍動感や前衛的な魅力でいうと
奈良のものが素晴らしいんです。
“忘れ去られた都”
っていう悲しいキャッチフレーズをつけられたりもしてるんですけどねぇ。
西大寺のあたりなんて、朱雀門の復元してて
もうたまりません!!萌え~です
ええわ~奈良!ええわ~頑張って!!

あとは何といっても鹿、ですよね。
でもね、今年はなんか鹿少なかったんです…
なぜ??
観光客に鹿いきわたってないよ!
小売店なら、販売員数足りてないよ!って感じ。
クレーム事案ですよ!
ほんと10匹くらいしかいなかったのね。
いつもなら、あっちからもこっちからも
鹿しかシカ…鹿まみれなのに。

私は以前から、
「鹿煎餅屋のおばちゃんと、鹿は協定を結んでいる」
もしくは
「鹿煎餅屋のおばちゃんに対して、絶対服従関係にある
と考えている。
だって、私達が鹿煎餅持ってたら、すごい勢いでくるでしょ??
隠してても、くるでしょ?
買った瞬間くるでしょう??
なのに、あんなにのんびりと座ってる鹿煎餅屋のおばちゃんを
やつらは襲わないんですよ???
なんで??
ふつう、集団で鹿煎餅狙うでしょう?
結構かしこいのに。
だからね、毎年セミナーが行われてるんです。
そこで鹿は教育を受けるんです。
「あのお店のものを狙ってはいけません」って。
過去に襲撃した鹿が、どんなにひどい目にあったか
教えられるんですよ。きっと。
親鹿は、この観光シーズンに備えて
子鹿に口をすっぱくして教え込むんです。
「ひどい目にあいたくなかったら、観光客に寄って行くんだよ。
 まちがっても、あの屋台に行っちゃいけない!!」って。
きっとそう。絶対にそう。

今年は血迷った若鹿が
集団でおばちゃんの店を襲撃してしまったんです。
それに触発されて、集団でやってしまったんです。
だから、彼らはこの観光シーズンに懲罰牢に行きになったんだ。
絶対そうだ!
来年からは、反省した若鹿と、
それを目の当たりにした鹿たちが
より一層、鹿煎餅屋のおばちゃんを立てるんだよ。
「親分!可愛い顔します!」って。
来年は特に愛想いいはずだよ。
ちがうかなぁ?? 
奈良の鹿

スポンサーサイト
Posted by ささ
comment:2   trackback:0
[日記
comment
思わず…
笑ってしまいました。鹿と鹿煎餅やのおばちゃんとの関係。でも、マジありえそう。じゃなきゃ弱そうに見える鹿だって、いい角持ってるんだから店の一つや二つ簡単にやっちゃいそう。食べるためならなんだってやるさ!!
 奈良の大仏、魅力とか全くわからないけど、ササさんの説明を受けながらなら楽しめそう!ササさんがなぜ戦国時代とかの夢を何度も見るのかわからなくもない気がする…。
2005/11/14 18:37 | URL | edit posted by Qたらこ
鹿はつよいよ~
ね?Qたらこさんも思うでしょう??
大阪人ならほとんど経験があるであろう、
遠足で弁当を鹿に奪われる
…を私も過去2度ほど経験しています。
弁当食べてる女子高生だって襲撃するのに
なんで鹿煎餅屋は狙わないんだ!!
ね?おかしいでしょう??
絶対そうだよねぇ?
ご飯の為ならやるよね、鹿もさ!
姫と鹿さんのとこ出かける機会あったら
気をつけてね!!
お寺などなど興味がありましたら
いつでも説明つきでご案内いたしますよん。

きっとね、私、他力本願なんだよ。
ダルがりやし…
しかし、大型2輪の大鎧の彼は
す・て・きなんだよ!!
そんな夢みない??
2005/11/14 20:32 | URL | edit posted by さらさら
comment posting














 

trackback URL
http://sasasakaso.blog28.fc2.com/tb.php/39-cea018a3
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。