スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ささ
 
[スポンサー広告
古墳にコーフン!
超楽しみにしていた
『石室開封~飛鳥の壁画・修復プロジェクト』が、放送された。
高松塚古墳とキトラ古墳の石室内壁画に描かれている絵に
カビが生え、最終的にはがすことになるまでの話。

新聞で読んですんごいイライラしてたの。
なんで、そんなに壁画の状態が悪化してるんだ~ぁ?
ずっと密閉状態だったところ開けちゃったんだから
湿度とか気圧とか変わるし、中の状態が変化するの当たり前やん。
カビとか生えるのは、想定できたよね??って。
一体何があったの?高松塚&キトラ古墳よ!??

…で、一生懸命やってはった。確かに。
でも心のそこからひとつの疑問が…

なんで専門家に頼らない!??

壁画にカビが生えたからって
エタノール含ませた筆で何回も拭いてた。
…おいおいおい、それはないだろうよ。
色も褪せてきて当然やないかい!
もろくなって剥がれてきた漆喰を、裏からコテではがしたら
割れてもしゃーないやん!!
カビの権威とか、建築学の教授とか、絵画修復保存の第一人者とかをさぁ
プロジェクトに迎え入れたらいいやん。
そこで試行錯誤したらよかったんちゃうん?
考古学ではトップクラスの人たちでもさ、
カビとか漆喰とかではやっぱり素人でしょ?
なんでGOしちゃったんかなぁ?
なんか納得いかない!!
一生懸命でも結果を伴わなければ意味ないことだってあるし。
あらゆる選択肢を検討した結果の判断だった???
もったいないよ。あんなきれいな状態で見つかった装飾古墳なのに。
…私も仲間に入れろー!
スポンサーサイト
Posted by ささ
comment:0   trackback:0
[日記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://sasasakaso.blog28.fc2.com/tb.php/4-23786e1e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。